講演会シリーズNo.16「アメリカの教育改革と学校教育の再設計」を開催しました

講演会シリーズNo.16「アメリカの教育改革と学校教育の再設計―シカゴ大学実験学校の21世紀型学習―」を開催しました。

【登壇者】
  シルビー・アングリン(シカゴ大学実験学校:小学校校長)
  「小学校における21世紀型の学びを創る―好奇心,創造性、自信、学力」
  ジーナ・アリシア(シカゴ大学実験学校:美術科部門主任)
  「芸術による体験学習」
  ロブ・レイ(シカゴ大学実験学校:小学校社会科カリキュラム開発リーダー)
  「小学校の学級における社会科の統合」
 

【講演会(東京会場)】
  
  日 時:平成28年7月2日(土)13:00~17:00
  会 場:キャンパスイノベーションセンター東京 多目的室1
 
【講演会(広島会場)】
 
  日 時:平成28年7月5日(火)13:00~17:00
  会 場:広島大学大学院教育学研究科 L205
 
【報告内容】
 「アメリカの教育改革が進む中で、どのように学校教育が再設計されているのか」をテーマに、ジョン・デューイによって創設され歴史的にアメリカの学校教育をリードしてきたシカゴ大学実験学校から、小学校長のシルビー・アングリン先生、教科教育専門のロブ・レイ先生(社会科)、ジーナ・アリシア先生(美術科)にご発表いただき、日米の研究交流を行いました。
 キャンパスイノベーションセンター東京と広島大学教育学研究科において開催された講演会には、全国各地から多くの方々にご参加いただき、21世紀の学校で育むべき子どもの資質・能力、具体的なカリキュラムのあり方、デューイの教育思想の今日的意義などについて活発に意見交流が行われました。
 また、国立教育政策研究所、筑波大学附属小学校、大阪教育大学附属平野小学校、広島大学附属小中高等学校などを訪問して、最新の教育政策、カリキュラム開発、授業づくりなどについて、研究交流を行いました。
 
当日の様子
写真1
 
国立教育政策研究所での研究交流(平成28年7月1日)。左からロブ・レイ先生、ジーナ・アリシア先生、シルビー・アングリン校長先生。
 
写真2
 
キャンパスイノベーションセンター東京での講演会の様子(平成28年7月2日)。
 
写真3
 
広島大学教育学研究科での講演会の様子(平成28年7月5日)。
 
写真4
 
広島大学教育学研究科で開催された講演会の参加者と記念撮影。
 

お問い合せ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学研究室 気付

【TEL】082-424-6799(代表者)
082-424-6800(事務担当者)

メールはこちら